« 2019年8月 | トップページ

2019年9月

2019年9月25日 (水)

STABILITYシャフト~その3~

~その2~からの続きで、実際にSTABILITYシャフトを入れて使用されている方の中には「打ち出しからグリーンに張り付くように走る」転がりになったとの感想コメントが載っていました。

つまり変なジャンプなどがなく⇒スムースに滑る(スキッド)ような打ち出しになったということなのだと思います。ミスパットの一つに打ち出したすぐ後に球がポンポン跳ねてから転がるケースがあります。飛び跳ねるような転がりが起きる原因は2つです!

1つはアッパーブローにヘッドを動かし過ぎて打ち出し角(Launch angle)が6度以上になっている場合です。2つ目はその逆でダウンブローが強い入射角でヒットし⇒ロフト角も-3度以下になってしまって⇒球を地面の中に押し付けるようなインパクトになり⇒押し付けられた球が地面からの反力で跳ね上がるケースです!

いづれの場合も球の転がり方が不安定になり⇒距離も方向も安定しない結果になることは誰でもすぐに分かることです。

断っておきますが「打ち出しからグリーンに張り付くように走る」とか「球の転がりが段違いに良い」というコメントをしている人たちの感想を疑う気はありません!

しかし私が知りたかったのは、STABILITYシャフトに変えたらクラブパスがこんなふうに変化したとか、インパクトロフトがこんなふうに変化したとか、だからそれまでと球の転がり方がこんなふうに変わったというような根拠についてでした。

STABILITYシャフトのCMページを読んでも、「打ち出し角が低く安定するので転がり予測が可能となり⇒距離コントロール性が向上する」というふうに紹介されています。

2019-09-10_1098_20190925141001そこで実際にシャフトを付けてデータを取ってみたくなってしまったんです。

この写真画像の左側がスティールシャフト、右側がSTABILITYシャフトのデータです。

PUTT LAB による計測結果は

1、打ち出し角が1.7度UP⇒1.3度UP(0.4度低い)

2、インパクト時シャフトアングルが0.8度deloft⇒1.3度deloft、0.5度分ハンドファーストでヒットしている

3、インパクトロフトが2.2度上向き⇒1.7度上向き

4、クラブ入射角が0.3度downが0.1度downへとやや上向きに

これが、同じヘッドでスティールシャフトとSTABILITYシャフトでのデータの違いです。

TESTしたのがパット下手な私なのでTESTERが悪いと言えばそうだとも言えます!(笑)  元々私の場合、少しハンドファーストで構えるし、常に少しダウンブローにヒットするし、打ち出し角が理想に近いと言えば言えなくもない個性があります。

そんな問題ありのTESTERなんですが、ほんのわずかですが打ち出し角が低くなったのは事実です。ただし正直に言わせてもらえれば、私にとっては感動的な転がりの良さとかというものではなかったというのが本当のところです!普段の自分の転がりと大きく変わったとまでは感じられなかったんです。

2019-09-10_1093_20190925143901

話題のSTABILITYシャフトの最大の特徴は?と問われれば「低トルク=1度」です!と答えたいと思います。

そしてこの1度というスティールシャフトよりトルクがない点が打感の硬さにつながっています。このことはドライバーに取り付けるシャフトについても全く同様のことが言えるわけで、みなさんは硬い感覚がするシャフトは硬度(=XとかSとか)が硬いからと考えているかもしれませんが、打った時に硬く感じるシャフトというのは低トルク(=3度以下)だからというのが正解なんです。

亡くなられたフォーティーンの竹林さんの言葉をおもいだします。「トルクが少ないシャフトはハンドルに遊びがないレーシング・カーを運転する感覚に近いですよ!」と言っておられました。

低トルクのシャフトは手元の動きを敏感にダイレクトにクラブに伝えるけど逆にクラブの挙動もダイレクトに体に反射してくるので、合う人と合わない人との差がはっきり現れるシャフトと言えます。手先のコントロールに優れている人が使うと意図どうりに動いてくれると言えそうです。

最後にクラブヘッドとの相性について私なりの意見を述べておきます。

最近の重いパターヘッドに合うとCMページには紹介されていますが、この点についてもとにかく手先感覚の優れている人が使うという条件付きで考えたほうがいいというのが私の結論です。
重くて大型のヘッドは慣性モーメントが大きいので、もしオープン⇒クローズの動きが大き人が使うと結構大きなストレスがかかると思われます。そうなるとフェース向きコントロールが大変難しく悩みの種になる恐れがあります。
フェースローテーションがほとんど入らない⇒センターシャフト型&フェースバランス型に慣れていて、ストローク中のフェースローテーションが0に近い人がつかえばGOODだと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

STABILITYシャフト~その2~

 

前回の~その1~の中の”CMコメント”と思われる「インパクトでフェース向きがスクェアーに戻ってくる」という点について検証してみます。

2019-09-08_1106右画像 のようにシャフト先端近くの部分に「トリプレット」という計測装置を装着してデータを取ってみました。

PUTT LAB(=パットラボ)では、このシャフトに取り付けられた器具がどのように動いたのか?を精密に記録してデータにしてくれます。

今回はスティールシャフトでのデータと、同じヘッドにSTABILITYシャフトを付けたデータとを6球打って取ってみました 。

 

 

2019-09-10_1096_20190918114001スミマセン!
デジカメで撮った画像をアップしたんですが、こちらのアップ画像はボケ気味で細かい数値が見えません!

左側がスティールシャフトのデータで6球の平均が[0.5度オープン 一貫性83%]です。

右側がSTABILITYシャフトのデータで
[0.4度オープン 一貫性92%]です。

当然ながらインパクト時のデータです。

打つ前に練習してからとかやってないことも合わせてお知らせしときます。

インパクト時のフェース向きについては”0.1度”の差がでましたが、これをもってSTABILITYシャフトのほうに軍配を上げるわけにはいかないですよね!

むしろ一貫性(=PUTT LABではconsistancyと表示している)の9%アップのほうが特筆すべきデータと言える。

この”CONSISTANCY”という項目の数値は、PUTT LABのデータを評価する際には非常に大切な数値となっている。例えば、インパクト時のフェース向きが0度となっていてもCONSISTANCY=60%であればかなりバラつきのあるインパクトということが分かる。今回のように6球の平均値としてのフェース向きなので、フェース向きのデータとCONSISTANCY数値が高いことが重なることが大切になる。

 

ちなみにPGAツアーやヨーロピアンツアーで活躍する選手たちのCONSISTANCYは、殆どの選手が95%以上の数値を叩き出すと言われている!😃⤴

もう一つ比較データを紹介しておきます。2019-09-10_1097_20190918133901

右画像もボケてしまってますが、フェース面上
のヒッティングスポットのデータです。

スティールシャフトでは[2.8mm toe側 consistancy75%]だったのが、STABILITYシャフトでは[0.2mm heel側 consistancy85%]と変化しました!

残念ながら私の下手な技術では95%以上の数値が出ないのですが、それでも10%の向上がみられました。

これらのことは私の中で起こったことです。

できれば私より更に悪い打ち方をしている人に協力してもらえればSTシャフトのことがもっと分かるかもしれません。

「私にとって」という条件つきなのですが、スティールシャフトよりSTシャフトのほうが良い結果になりました!

ただし辛口評価で言わせてもらえれば、「ショートやミドルの距離のパットが劇的に入る!」とか、「フェース向きがスクェアーに戻りやすい!」とかとまでは言い難いというのが正直なところです。

私が読んだコメントの中には、ショートやミドルのパットでは格段にイイのだがロングの距離に関してはどうなんだろう?と疑問に思ってる方がおられましたが、ショートやミドルの距離で格段に良い結果が出るならロングも良いと考えますがどうなんでしょうか?
ロングパットだと全然ダメなんだけど、ショートパットならズボズボ入るパターなんてどんなパターなんだろうと考えてしまう。

ちょっと蛇足的なことを書いてしまいましたが、本当にこんなことが起こるのならそれはパターの問題ではなく技術的な問題なんだろうというのが私の意見です。

さて~その3~では、「打ち出しからグリーンに張り付くように転がる⇒打ち出し角が低くなる」という意見に対する検証をしてみたいと思います。

・・・・つづく・・・・

 

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

STABILITYシャフト~その1~

20190910_1091thumb1   今ギアに関心が高いゴルファーから熱い視線を浴びているシャフトがある!

その名は「STABILITY=スタビリティー」シャフトと呼ばれ、パター専用であり、リシャフトして挿入することもできる。

価格は¥22.000(シャフト本体/税抜き)というちょっと高価なお値段になっている。NETでHPをチェックしてみると、開発したのはB.G.T社という米国の会社の「バーニー・アダムス」という人物ということだ。彼は「ADAMS GOLF」の創始者にもなる。

ゴルフクラブ全般に熱い情熱と知恵を注ぎ込んで、より良い製品を製造することに力を込めている業界人だろうと勝手に想像している。

2019-09-08_1107私も人真似でFBなるものをやっているが、そのFB上でもこのシャフトの評判で持ち切りになっている状態なので、ゴルフ工房という形式の専門ショップを経営している身としてはどうしても「STABILITY SHAFT」の性能を確かめてみたくなってしまった❗

そこで右写真画像の「AKIRA PROTOTYPE」パター🔜増田雄二デザインSTABILITY SHAFTを入れて、元のスティールシャフトと実際に計測データがどんなふうに違ってくるのかを検証してみることにした。

ちなみにこのパターのスペックは 33インチ、ロフト3度、ライ70度 です!

1、SHAFT紹介ページに書かれている製品特徴について
 重量125g、TORQ1度、FLEX超硬い という表現は全くその通りで、装着した後の体感でも十分に理解できる。
 「曲げ剛性を25%強化し、トルクを50%減らした」との報告は正しいと思われる。とくにトルクに関して説明しておくと、従来のスティール  シャフトで1.9度くらいあるので、それが1度であれば確かに半分近くも減少していることになる。

このシャフトの最大のセールスポイントがこの点にあるようだ!強剛性&低トルクという特性が「最近の重いヘッドに合う」ということに繋がっている。
操作性で言えば大型で重いヘッドはどうしても悪くなる。シャフトのゆるすぎるシナリや必要以上の捻じれはコントロールを悪くすることになるので、そういう点からすれば良いシャフトと言える。

2、インパクトでスクェアなフェース向きに戻るシャフトと書かれていることについて
 この点で言えば正直???と言わざるを得ない!この表現については誤解を与えかねないと思う。良いストロークができず⇒インパクトでのフェース向きが安定しない人でもこのシャフトを使えば勝手にスクェアなフェース向きにしてくれると思い違いしそうな表現だ。
そうではなくて、良いストローク操作をしてフェース向きがスクェアに戻るように動かすとシャフトがきちんと反応して意図どうりにクラブが動いてくれるというふうに理解すべきだ。

3、打ち出し角が低く安定するので転がりが予測可能となり距離コントロール性能が向上する について
 この点についてある人は「グリーンに球が張り付くように走る」とコメントしている。またある人は「転がりが段違いに良い!」ともコメントしている!つまりこの二人の方の感想が事実だとすれば、STABILITY SHAFTにするとヒットした時の打ち出し角が0度に近くなり、打つとすぐに球がスキッドしながら打ち出されるということになる。
この3点目のことについては少し詳しく検討してみることが必要な気がする。本当にSTABILLITY SHAFTにすると打ち出し角が低くなるのか?また本当に打ち出し角が低い(=0度に近い)ほうが良い転がりとなりカップインの確率が高くなるのか?という疑問が残る!

4、製品セールスポイントとは関係ないのだが、最後に気になったコメントについてもここに紹介しておくことにする。
 ある方が「125gというシャフト重量の中で上手く重量配分を設計しているのはなるほどと思う」という「いいねコメント」があった。この方のコメントはこれだけだったので、具体的な重量配分についてのどの点が「なるほど!」なのか分からない!
重量配分という話にするなら、シャフトのバランスポイントがどこら辺にあるから納得できるというコメントにしてもらいたかった。バット側が重い=カウンターウェイトが自分に合ってるので納得できるとか、その逆にチップ側が重いから自分には使いやすく納得できるとかとコメントしてもらいたいものだ!
最近私が学んだパター・フィッティングのセオリーと思われるものの一つに「合ストロークのタイプとパターのバランスポイントとの良い組みわせ」というのがある。つまりパターの中のどこにバランスポイントがあるのが良いかという問題は一人一人の個性と関連づけていかなければならないわけで、シャフトの重量配分に黄金比(=ベストなバランス)などはないと考えるべきだ。

ちょっと長くなってしまったので今回はここまでにしておきます。

上記1.2.3、の点についてもう少しみなさんにお知らせしたい「PUTT LAB」の比較データがあります。AKIRAパターのスティールシャフト装着とSTABILITY SHAFT装着との比較データを次回に載せますのでお楽しみにしていてください。

・・・・その2へ続く・・・・ 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ