« 富山の冬シーズン | トップページ

2019年2月15日 (金)

データの重要性

最近、厚生労働省というお役所が労働賃金に関する統計データをきちんと集計せずにやや実態と違うデータを提示していたことから大きな問題になった。
今後の政策を決定していくための土台となるデータは現状を正しく把握するために無くてはならない重要な数値であり、ここが正確だからこそ今後の指針を正しく導き出すことができる。

だれにでも分かる明確な論理だが、お役所でデータ収集と管理に携わっていた人たちのなかには「これくらいの誤差は問題ないだろう」と安易に考えたか、もしくは実態どうりの正しいデータを表示することに不都合な理由を見つけたのかは一般庶民には知る由もないが「ズレたデータ」が使われていたことだけは間違いなかったようである。

私のブログは政治評論をするために書いているわけではないのでこれでこのお話は無しにするが、「データが重要」というお話には続きがあります。
Gc43

当店にはGC4(=ジーシークワッド)というショットデータを読み取る計測器がある。
かなり高額なので当店にふさわしいものかどうか問題がないわけでもないが、なぜ不相応な計測器を入れたかというとお客様のショットデータ&クラブ運動(=スイング)データの正確なものが欲しかったからだ。

Image1右画像のようなインパクトの瞬間の様々なデータを見ることができるようになった現在、それまでの肉眼に頼っていた時代とは違い、一人のプレーヤーの赤裸々なスイングの様子を正確に把握できるようになったと言える。

Image2スイングを把握できるようになったと言ったがそれは正確ではない!
正確に把握できるのは図にあるような様々な細かいデータ、それは人間の肉眼では見ることができないようなものが見れるようになったということであり、その人のスイングが見れるようになったのとはかなり意味が違う。

Photo同じようにパッティングストロークを解析する計測機器としてSAMパットラボという計測器も購入した!
こちらも当店のような少ない売上しかない店にはふさわしくない代物かもしれない。

2017_05_27_0281
パットラボもGC4同様に、高速度スローモーション動画をいくら眺めても見えないものを見せてくれる。

なぜこんな高額なものを無理してまで購入したかと言えば、ゴルフのショットやパットの際に何が起きているのかを正確なデータとして知りたいという強い動機があったからに他ならない。
そしてこのデータを読み取ることができれば初めて一人のゴルファーの赤裸々な姿⇒スイング⇒ストロークが見えてくる!

こうして初めて本当にその人に合ってるクラブやパター、スイングの修正ポイントをつかむことができる。
正確なデータ収集という土台の作業がおろそかであれば、何をお薦めしどこをどんなふうに改善・修正すべきかという道筋を誤ることになってしまう。

ゴルフの世界でも基本となるデータ収集の重要性が最も大切な時代となった!
しかし正確なデータは計測機器があれば手に入るがデータだけが揃っても何も起きない!問題なのは得られたデータの意味をどう読み解くかが本当に重要になってくる。
これができるためには、データを読む側の能力・経験からくる知識が問われることになってくる!
つまり「勉強しなさい」と言われていることになる。

はい了解!!勉強します。

« 富山の冬シーズン | トップページ

スウィング理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: データの重要性:

« 富山の冬シーズン | トップページ