« 2013年7月 | トップページ | 2017年8月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

My パターのつづき

私が今回購入した【アキラ PROTO TYPE ピン型パター デザインby増田雄二】のロフト角が5°に関するお話しのつづきをします。

Photo みなさんが一番目にするオデッセイ・パターの平均的ロフト角が3°。 2°寝てるということは当然のようにインパクト後の球の打ち出し角が高くなってるわけです。
そうなるとキャリーの距離がでることになります。

ちょっと極端な例えになりますが、50°のAWと58°のSWで20ヤードのアプローチショットをした時をイメージしてみてください。
ロフトがあるSWのほうが着地点が遠く(=目標に近いポイント)にならなければ20ヤードに届きませんよね。
しかもバックスピン量が多いためより短い距離しか転がりませんよね。ということはSWのほうがヘッドスピードを速くスィングする必要があるわけです。

もちろんこんなに極端な差があるわけではないのですが、ロフトが寝ているパターのほうがキャリーが出てランが少ないパターと言えるわけです。
まずこの部分がビビリ系パット下手の私には良い方向に作用してくれるはずなのです。同時に下りの速いパッティングに対して有効なパターでもあるわけです。

さらにインパクト時にどうしてもややハンドファースト気味にヒットする癖がある人にも良いパターと言えます。ハンドファーストでヒットするとロフトが立つ(=少なくなる)状態となるため思いのほか強いインパクトになり大オーバーとなります。
またショートパットでヒッカケる原因にもなるので、このようなミスが多いと感じている人はぜひともロフトの大きいパターをトライしてみてください。

Photo_2

ちなみにこのパターのライ角は72°となっています。ロフトの大きいパターを購入しようとする場合、このライ角は重要なポイントとなります。
ロフト角が0°であればライ角は問題にならないのですが、このパターのように一般的なものより大きめのロフトがついている場合には最も重要なポイントとなります。

青木功プロのようにハンドダウンの構えになっているとヘッド・トゥ側が浮き上がり、いくら上手く打とうとしてもヒッカケが止まらないということになります。
逆にグリップを吊り上げ、トゥダウンにする癖の人はプッシュアウトするミスを多発することとなります。
ここら辺りのことは、ショートアイアンやウェッジほどライ角度をフィッティングしておく必要があるのと酷似しています。

しかしライ角が自分の構えにピッタリと合っていれば、ロフトの大きさが打ち出し後の球の転がりをスムースで安定したもの(極端なショートやオーバーが減ってくる)にしてくれるはずです。

最後にデメリットをひとつ。昇りのパットはショートしやすくなるのでご注意を
またフックラインやスライスラインに対しても曲がり幅を少し多めに見なければならないと思います。・・・あまり神経質になることもないとは思いますが・・・
いづれにしても使い込んで慣れることが大切なのは今更言うまでもないことですよね。

大切なのは自分の癖=良い点と悪い点を冷静にみつめ、自分の弱点をよりカバーしてくれると理解=納得して使うことです。
友人が最近新しいパターを買ったんだけど、それがスポスポ入るからといって自分も同じものを買うなんてのは智恵がなさすぎると言わざるを得ません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

My パター

みなさんご存知のように、私の仕事の一つはティーチングプロ(=レッスンプロ)です。おかげさまで多くの生徒さんに来ていただいています。 
私の仕事が繁盛するということは、それだけ悩めるゴルファーが多いということですよね

悩めるゴルファー”と一口に言っても、一人一人の生徒さんの悩みの質や大きさは違って当たり前ですよね。「初心者なので基本から教えてください」というのは悩んでるというのではなく、前向きに上達したいという願いの現れです。
ある程度ゴルフをやってきた人達の場合は、「他人より飛ばないのですが・・・」とか「真っ直ぐ飛ばなくなってしまって・・・」とか「ダフり、シャンクがひどくて・・・」とかという深い悩みを抱えてレッスンを受けに来る人が少なくない。

ここで”悩みとクラブ”のお話しを少ししときます。
当然のようにクラブに関係して一番多い悩みはドライバーに関するものです。それはとりもなおさず「飛距離が出ない!」という悩みとイコールです。
2番目に多いと感じるのは#7アイアンが不安定=グリーンオンできないという悩みです。
そしてこの2つの悩みに共通している技術的問題点と思われるのがスライス=球がつかまらないということです。
不思議なことに「スライスするのでストレートな球の打ち方を教えてください」と言ってレッスンを受けにくる人は稀です。

もう少しこの話しを続けるなら、「スコアをよくしたいのでレッスンを受けに来ました」という言葉を聞いたことがないなぁ~  
つまりドライバーの飛距離がでるようになれば⇒スコアがアップする。#7アイアンでグリーンオンするようになれば⇒スコアがアップすると考えるゴルファーが殆んどだと言えるのでしょう。それは間違ってはいないでしょうが、ドライバーの飛距離や#7アイアンのショットがスコアアップに果たす役割はそんなに大きなものではないでしょうね!
それよりもっと大きなウェイトを占めているのは100Y以内のアプローチショットなのではないでしょうか?

Cimg4253 そこら辺りのことは現在放送中の”シングルへの道”という藤田寛之プロのレッスン番組(NHK・Eテレ)を見れば深く理解できるはずですよね。

今私のところへレッスンに来てもらってる人達のほとんどに「ぜひ見てくださいね」と伝えてるわけですが、NHKから感謝状が出そうな勢いですね・・・。(笑)

そしてスコアアップに最も重要なのがパッティングということになりますよね。
スコアの40%前後を占めるといわれているパットに関して悩み相談を受けたことが皆無に近いのは何故なのでしょうか?
「そりゃ、アンタがヘタだからだよ!!!」と言われてしまうとグーの音も出ない吉本ではありますが、パッティングストロークの基本も結構深いもので、「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」なんていう浅い技術論で片付けるわけにはいかない深さと重要なことがあるわけです。

さてようやく本題に突入です!
パッティングの重要性⇒スコアに直結が理解できると、どうしてもパターというクラブの重要度がアップすることになるわけです。そのために競技ゴルフにのめり込んできた経験がある私の場合、どうしても良さそうな=入りそうなパターへの関心度が高く、よさそうなパターだと思うと買わずにいられなくなる病気を持ってるわけでゴザイマス。

Photo 右画像が今回購入してしまった(カミさんに怒られました)アキラ・プロトタイプ・ピン型増田雄二デザインです。

このパターの特徴はなんと言ってもそのロフト角5°という点にあります。
今最も売れてるオデッセイが3°、ピンのパターは4°、市販されてるパターで最も多いロフト角は2.5°。
ロフトが大きいとどんなよいことが起きるのか?
続きのお話しをお楽しみにしていてくださいね!
~つづく~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

お盆休みの続きのつづき

さて南富山駅を7:36分発の電車に乗り込んでからおよそ3時間後。
”吉本家ご一行”様は無事に室堂平に到着しました。

Cimg4260

いや~空気がうまい 富山も35度を超える猛暑日なので”冷気”とまではいきませんが、下界のうんざりするような暑さからひと時開放されてきました。

Cimg4269

青い湖面、周囲にはまだ残雪が残っている【みくりが池】を背景に幹子さんとツーショットの一枚です。あれ?アップしてから気付いたんですが、幹子さんの腕が私の腕にからまってますね そんなに私のことが好きなんですね~。・・・デレデレ

このみくりが池の低い側から下方へ落ち込んだ地点にあるのが【地獄谷】と言われる場所。地底から硫黄分の強い匂いがする有毒ガスが噴出している谷ですが、今回はガスが濃くなっているので遊歩道が封鎖されていました。
その地獄谷へ降りていく遊歩道を眺めていると何やら動くモノが????
なんと天気の良い昼間からは滅多に見ることができないといわれている”雷鳥”の親子を見ることができました
Cimg4277

これが今回の立山観光中のベストショットです。

今年のお盆も家族での楽しい想い出の1ページがきざめて、ご先祖さまに感謝です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

お盆休みのつづき

ケーブルカーの終点駅が美女平。・・・トイッテモビジョガタイキシテルワケデハナイ

ここから観光バスに乗って原生林や高山植物を車窓から眺めながら標高2500mの室堂平を目指す。

Photo_2

全国的には屋久杉が有名だが、ここ美女平にある立山杉もそうとうなものですよ!

途中の坂道カーブ地点でバスが停まってくれて称名滝(落差400m近くもある!)をチラ見させてくれますよ。

Photo_3

原生林の高さが次第に低くなってくると見通しのよい高原地帯になっていく。鬱蒼とした大木が姿を消し、代わりに現れるのが可愛い高山植物だ。

Ohana Photo_4

おっと!ベイウェストへ出かける時間が迫ってきたので今日はこの辺で・・・。スイマセン

| コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休み

今年のお盆休みは13日(火)~16日(金)までと4日間もいただきました
いや、「いただきました」と表現したけど、だれか偉い人の許しを得ていただいというわけではなく私自身がそう決めたんですけど・・・・。
やっぱ年齢のせいか休みがたくさん欲しくなってる自分がいることは間違いないですね

そんなわけでノンビリ休みを堪能するべく4日間の豪華?休暇をどのように楽しむのか相談した結果、家族で【立山日帰り旅行】とあいなりました

長女夫婦が12日の夕方に富山へ入り、13日は吉本家恒例の【お墓参り】。その後、新湊の(海一)という大衆酒場風のお店まで足を伸ばしお蕎麦を食べてきました。
このお店のお蕎麦はなかなかいけますよ! 近くまでいく機会があれば是非とも食べてみてくださいね。・・・夜だと売り切れてるかもしれませんよ。

お蕎麦で昼食の後は同じ新湊市内にある和菓子の名店=(北条若狭屋)へ行って、私の大好物=【かりんとう饅頭】を食べて帰ってきました。

考えてみると、こんな食生活してるから太るんですね

お盆休み2日目の14日が今回の目玉=立山観光です。

自宅から歩いて15分くらいの地鉄南富山駅を7:36分発の電車に乗って立山駅まで行きます。でもこの立山駅は自分が小さい頃は確か千寿ケ原駅と呼ばれていたような気がします。

Cimg4256

この駅で立山連峰の直下とも言える室堂平まで行くための切符を購入します。
美女平までの500m近くを一気に昇るケーブルカーと室堂平まで運んでくれるバスの乗車切符がセットになっています。

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2017年8月 »